2006年08月16日

犬は物言わぬ天使

ゆかぴぃさんに紹介していただいた本
『犬は物言わぬ天使』をやっと読みました。
VFSH0091z.JPG

狆ちゃんが出てくる本。
泣けました〜。もうやだ〜(悲しい顔)泣きすぎて具合が悪くなりました。
この間読んだ『小さな王者ポニー』のときもそうだったけど、読み終わると姫をとっても愛しく思えて(普段からだけどいつにも増して・・・)ついつい抱きしめてしまいました。
このお話狆ちゃん自身はきっと幸せだったと思います。でも主人公の女の子があまりにもかわいそうな境遇で・・・この子が自分がもっと幸せでいたらチャコ(狆ちゃんの名前)ちゃんももっと幸せだっただろうと後悔してるのがとっても悲しかったです。
どんなに可愛がって大事にしても亡くしてしまうと必ず後悔が残ります。
ナナのときもぺぺのときもやっぱり私は後悔しました。
その点姉はペペのとき「やれるだけの介護を私はしたから後悔はない」と言い切ったのには頭が下がりました。
言い切れるだけのことを姉はしたので・・・
いつか姫を手放すときが来たら後悔しないで送り出せるかとても心配です。

ゆかぴぃさん、この本を紹介してくださってありがとうございました。わーい(嬉しい顔)
挿絵もとってもかわいかったんですよ〜。
VFSH0092z.JPG

VFSH0093z.JPG



ニックネーム エコ at 20:26| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする